あまちゃん徹底分析

あまちゃんが4月1日から始まります。NHK朝ドラあまちゃんは、岩手県の北三陸を舞台にヒロインの天野アキが奮闘するドラマです。このサイトでは、そんなドラマあまちゃんをキャスト、視聴率、感想などの視点から徹底分析し、その魅力を探ります。

あまちゃん13話のネタバレ書きます

あまちゃん第13話「おら、友達ができた!」のあらすじやネタバレを書いていきます。

 

あまちゃん第13話は、4月15日(月)に放送されました。

 

 

前回のあまちゃんの内容は、夏休みが終わり新学期を迎えることになったアキが、春子との約束通り、東京に戻ることになります。

 

そして、もう一つ重大なことが…それは、ユイの兄・ヒロシが実はアキに想いを寄せていたということが分かったのです!

 

 

この二人の恋の行方も気になるところです。

 

 

それでは、あまちゃん13話のあらすじやネタバレを書いていきます。

 

 

春子は、アキと東京に向かう電車を待っていたんですが、24年前に家出をした時のことを思い出し夏の家に引き返してくるのです。

 

そこで、春子は夏にずっと言えなかったこと…24年前に家出をする自分のことを止めてくれなかったこと。

 

春子はずっと夏のことを許せなかったのです。

 

その許せない想いを24年経って夏にぶつけることが出来て、そのはずみで春子はアキと一緒に北三陸の町で暮らしていくことを夏に伝えます。

 

 

北三陸の町の人たちは、大喜びでしたね!

 

 

そして、アキは新しい生活を北三陸の町で過ごすことになるのです!

 

 

以上が、あまちゃん第13話のあらすじとネタバレです。

 

 

アキも春子も北三陸に残ることになって良かったですね!

 

 

これは、大きなネタバレになったんですが、春子と夏の深い溝は、24年前の春子の家出をした時まで遡ることになるんですね!

 

春子の本当の気持ちを知り、これからこの親子の溝も段々となくなっていけばいいいですね!

 

 

そして、次回からは、アキの新生活!

 

とっても楽しみです!