あまちゃん徹底分析

あまちゃんが4月1日から始まります。NHK朝ドラあまちゃんは、岩手県の北三陸を舞台にヒロインの天野アキが奮闘するドラマです。このサイトでは、そんなドラマあまちゃんをキャスト、視聴率、感想などの視点から徹底分析し、その魅力を探ります。

あまちゃん6話のネタバレ解説

あまちゃん第6話のあらすじやネタバレを書いています。

 

あまちゃん第6話は、4月6日(土)に放送されました。

 

 

前回のあまちゃん第5話では、アキのビックリするような姿をユイの兄・ヒロシが目撃してしまったところで終わってしまいましたよね!

 

そして、春子とヒロシの関係も気になるところです。

 

 

ここから“あまちゃん”第6話のネタバレも含む内容を書いていくので、ネタバレが嫌な人は注意してください。

 

あまちゃん第6話では、アキが思い切った行動に出て周囲を驚かせるのです!

 

アキは、前に進むために自ら海へ飛び込んでしまうのです!

 

 

前に祖母の夏に海に突き落とされたばかりなのに、今度は自分から海に飛び込んでしまうとは…。

 

 

最近の高校生は思い切ったことしますね!

 

きっと、祖母・夏の「考える前に行動しろ!」という想いは、アキに伝わっていたんですね。

 

 

そこで、アキは春子と夏に向かって「海女になりたい!」と、自分の気持ちを二人に初めて打ち明けます。

 

このアキの告白を聞いた夏や北三陸の町の人たちは、大喜びをするんですが、母・春子だけは海女になることを反対するんです…。

 

春子は娘のアキに、自分の過去を話し、二人で話し合います。

 

 

さぁ、春子は娘・アキの夢を許し、応援してくれるのでしょうか…?

 

 

以上が、あまちゃん第6話のあらすじとネタバレです。

 

 

また、母と娘の対立が!

 

春子も昔、夏や町の人たちの期待に応えられず東京に出てしまったことに対して、何か罪悪感のようなものがあるみたいですね。

 

娘のアキには自分のようになって欲しくなくて…とっても悩んでいるみたいでした。

 

次回のあまちゃんが気になりますね!