あまちゃん徹底分析

あまちゃんが4月1日から始まります。NHK朝ドラあまちゃんは、岩手県の北三陸を舞台にヒロインの天野アキが奮闘するドラマです。このサイトでは、そんなドラマあまちゃんをキャスト、視聴率、感想などの視点から徹底分析し、その魅力を探ります。

2話のあまちゃんのネタバレ情報

あまちゃん第2話のあらすじやネタバレを書いています。

 

あまちゃん第2話は、4月2日(火)に放送されました。

 

前回の“あまちゃん”第1話では、祖母の危篤の知らせを聞き北三陸に行くとになった天野アキと母・春子でしたが、故郷の北三陸で目にしたのは…危篤と知らさていた祖母・夏が元気に海に潜っている姿でした!

 

ウニを手際よく取っている海女をしている祖母・夏の姿に、危篤の知らせが嘘だったことを知ります。

 

 

さぁ、第2話の内容がどうだったかというと…。

 

これはネタバレですが、実は、夏が危篤だと嘘をつき、春子を地元の北三陸に呼び戻そうとしたのは、夏の幼馴染・大吉(杉本哲太)の仕業だったようです。

 

大吉は、北三陸駅の駅長で積極的に町おこしの活動もしているようで、海女を引退するという夏の代わりに、娘の春子に夏の海女の仕事を引き継いで欲しいという思いから、夏が危篤という嘘をついたみたいです。

 

大吉は春子に「海女になって欲しい!」と頼み込みますが、春子は頑として拒否…。

 

アキを連れて東京に帰ろうとするんですが、なんとアキが…!

 

以上が、“あまちゃん”第2話のあらすじやネタバレです。

 

 

大吉が、町おこしのために春子を呼び戻したんですね!

 

このネタバレにビックリした人もいるんではないでしょうか…!

 

まさか幼馴染が犯人だったとは…。

 

 

そして、最後にアキが何と言ったのか…気になりますよね!

 

だいたい想像はつきますが、これからどんどん面白くなっていくんではないでしょうか!

 

“あまちゃん”第3話は、どんな内容になっているんでしょうか…。