あまちゃん徹底分析

あまちゃんが4月1日から始まります。NHK朝ドラあまちゃんは、岩手県の北三陸を舞台にヒロインの天野アキが奮闘するドラマです。このサイトでは、そんなドラマあまちゃんをキャスト、視聴率、感想などの視点から徹底分析し、その魅力を探ります。

あまちゃん4話の注目のあらすじ

あまちゃんの第4話のあらすじを紹介します。

4話のあらすじで最も見どころとなったのは夏と春子とアキの関係かなと思います。

なんだか泣ける場面が4話は多かった気がします。

 

それではあまちゃんの早速4話のあらすじを紹介します。

 

突然、祖母・夏に海に突き落とされたアキは驚きます。

新しい一歩を躊躇して踏み出せないアキに、「あれこれ考えるより、まずやってみろ」ということを伝えるための夏の秘策だった。

 

アキは海に落とされても嬉しそうに夏と笑い合うとそんな様子を遠くから見て過去の自分と重ねた春子は激怒しました。

「アキに変な事教えないで!あんたも!ママの嫌いなもんばかり好きになんないでよ!」

このセリフでなんだかウルッときました。

 

アキは、東京では学校や友人となじめず、そのことがきっかけで母・春子と父・正宗の関係も冷え込んでいました。

全部自分のせいと思いこんでいたアキもそんな自分を変えたいと模索しているんだろうなと思いました。

 

結局ずるずると三陸から離れられない春子はどんな決断をするのでしょうか。

 

ここまでがあまちゃんの4話のあらすじになります。

なんだかノスタルジックな春子の切ない思い出のシーンが涙を誘いました。

 

ちょっと子供っぽいななんて思うけど夏の前では子供なのですから当然ですよね。

でもこういう親子関係も素敵だなと思います。

 

しかし至る所に笑える掛け合いが本当にたくさんあるので見ていてずっと飽きないなと感じるドラマですよね。

私は朝ドラにあんまりハマらないけどあまちゃんは絶対見逃せないです。笑