あまちゃん徹底分析

あまちゃんが4月1日から始まります。NHK朝ドラあまちゃんは、岩手県の北三陸を舞台にヒロインの天野アキが奮闘するドラマです。このサイトでは、そんなドラマあまちゃんをキャスト、視聴率、感想などの視点から徹底分析し、その魅力を探ります。

3話のあまちゃんのあらすじ

あまちゃんのあらすじ第3話を紹介します。

今回3話のあらすじの見どころは段々打ち解ける親子という点かなと思います。

それに登場人物が増えてくるのも見どころですね!私は個人的に荒川良々さんが出てきてかなり期待値上がりました。笑

 

それでは早速あまちゃんの3話のあらすじを紹介します。

アキは三陸に残ることを選びカッコイイ夏にどんどん惹かれていき、その生活に憧れを抱くようになります。

「やだ!帰りたくない!」とごねているアキが可愛いのも3話の見どころかも。笑

 

夏は、海女として漁に出ながら、駅弁「ウニ丼」を作り、さらには喫茶店とスナックのママを兼ねるという忙しい日々を送っていました。

その生活は自分だったら絶対に真似出来ないと思えるくらいハードなスケージュールでした。

 

一方、相変わらず夏と反目しあう母・春子は居心地の悪い思いをしていたが、幼なじみの大吉ら町の人々に少しずつ打ち解け始めていきます。

そこで春子は東京での家庭生活に不満があったことへの気持ちを漏らしました。

あんまり静かでもやしを落とした音が聞こえるとか笑ってしまいました。笑

 

アキはすっかり夏と海に魅せられて海開きに想いを馳せているといきなり夏に海に落とされました。

 

ここまでがあまちゃんの3話のあらすじです。

なんだか微笑ましいドラマだなと思いますけどすっかりハマりましたね。

 

なんといっても大吉さんの反応がいちいち面白いです。笑

すべてのキャラクターが愛しいというのがあまちゃん最大の魅力になると思いましたよ。