あまちゃん徹底分析

あまちゃんが4月1日から始まります。NHK朝ドラあまちゃんは、岩手県の北三陸を舞台にヒロインの天野アキが奮闘するドラマです。このサイトでは、そんなドラマあまちゃんをキャスト、視聴率、感想などの視点から徹底分析し、その魅力を探ります。

あまちゃん あらすじ 7話

あまちゃん第7話のあらすじを紹介します。

2週目が始まって新しいサブタイトルは「おら、東京さ帰りたくねえ」となりました。

あまちゃんの7話のあらすじの見どころは早速現れたアキのお父さんがどんな変化を生むのかというところになるでしょう。

東京に帰ったら海女さんはまず無理だと思いますけどね!

 

あまちゃん7話のあらすじを早速紹介します。

 

アキは、夏休みの間だけという春子との約束で新人海女となりました。

春子はアキの気持ちをくみ、三陸での生活がアキの心に充実をもたらすと思ったのでしょう。そして春子自身もまた三陸での生活に悪いイメージは払拭したのかもしれません。

 

夏ら先輩に交じり、さっそく海女修業をスタートさせました。

それは想像を絶する苦労の数々でしょうね、これからアキが頑張るシーンが増えそうです。

 

春子は、東京にいる夫・正宗との離婚を決め、夏が経営する喫茶店兼スナック「リアス」のママとして働き始めることになりました。

 

店のカウンターで、大吉が熱い思いを春子に伝えていたころ、北三陸駅に怪しい男が運転する1台のタクシーがきました。

これがアキのお父さんで、東京からわざわざ春子とアキを連れ戻しに来たのが彼の目的ということが明らかになりました。

 

以上があまちゃんの7話のあらすじとなります。

東京に戻るのは寂しいなと思いますけど多分そうならないでしょうね。

三陸の人達のキャラクターが面白すぎるせいで余計そう思ってしまいます。

すっかり魅了されてしまったのと改めて思いますね。笑